若いうちしか出来ない仕事の特権として長年コンパニオンをしていましたが、ラストチャンスとしてデリヘリ嬢デビューです。

比較的容姿が良いと言われることや勿論お店のアピールも上手なこともあり、すぐに常連客が何名はつきました。
日によっては前回帰る時に予約を入れていってくれたお客さんで予約が埋まることがあるくらいです。

その中でも私のお客さんはすごく変わった方がいらして、サービスの要求が変わっている人が多いのです。
私に背中をとんとんして眠りたいとか、私に自分の容姿や性格や話し方について叱ってくれとか、変わったサービスの要求をされる事が多いのです。

statue-748387_640

私はどちらかというと人に相談を持ちかけるよりも相談をもちかけられることの方が多いので、何となくそんな展開になる事は分っていました。

しかしデリヘリへ行って精神的に癒されて帰ってもらうことが良い事だと個人的には感じているので私は嬉しいです。
特に技や術はないのかもしれませんが、私の話の術にはまって通ってくれるお客さんが多い事は本当に私の理想だなと感じています。

この仕事はいつまで出来るか分かりませんが、私を必要としてくれる人がいる限りは頑張りたいなと思っていますし、人生経験の一環としてもなるべく続けたいと感じています。

いろんな人が集り、男性の本音の部分が聞ける場所でもあるので、男性を見る目はかなり養われたと感じています。
私はこの仕事は大変だとは感じません。毎日新鮮でとても充実しています。